初期費用について

お部屋を借りる際にかかる「初期費用」。

初期費用は一括で支払うことが一般的ですが、実は項目ごとに賃貸人や仲介会社など支払先も異なっています。

敷金 賃貸人に預ける金額です。
退去精算後返金されますが、未納賃料や特約のルームクリーニング代等があれば、それらを差し引いた残りが返金されます。
礼金 賃貸人に支払う金額です。
一般的には賃料の一部としてみなされますが、主に修理代等に充てられます。
定額清算金 賃貸人に支払う金額です。
敷金礼金がゼロの賃貸住宅に多く、退去精算がない代わりにルームクリーニング代等を契約時に前払いしておく金額となります。
ただし、通常の使用以外の損傷については、別途精算が必要となるケースもあるので注意が必要です。
定額クリーニング費 賃貸人に支払う金額です。
退去時にかかる専門業者によるルームクリーニングの費用で、敷金礼金がゼロの賃貸住宅に多く、契約時に前払いしておく金額となります。
(退去時に支払うアパートもあります)
ただし、通常の使用以外の損傷については、別途精算が必要となるので注意が必要です。
仲介手数料 不動産仲介会社に支払う金額です。
賃貸人及び賃借人から合わせて賃料の1ヶ月分(税別)を上限と定められています。
家財保険料 入居者の家財(家具家電など)に対してかかる保険です。
家財保険の他に、借家人賠償責任保険などが付帯しています。
賃料(前払い分) 契約開始月の賃料です。
契約開始月は日割計算されますが、契約開始日によっては翌月の賃料も先にお支払いいただく場合があります。
鍵発行代 鍵の種類にもよりますが、鍵の設定料や発行料です。
除菌施工代 入居される前にお部屋の中を除菌施工します。
部屋の大きさによって異なりますが、1万円から1.5万円(税別)が一般的です。
保証委託料 連帯保証人に代わり、保証代行会社との契約を締結する場合に必要です。
管理会社により異なるのでチェックしておきましょう。

最近では敷金や礼金がゼロののアパートも増えてきていますが、全くゼロではなく、前払い賃料や定額クリーニング費・仲介手数料・家財保険料などは必要になってきます。

初期費用のおおまかな目安としては、敷金礼金ゼロの場合で約4ヶ月分、その他では賃料の4.5~6ヶ月分になると思われます(募集内容、入居日等により異なります)


物件により異なりますので、各物件の詳細をご覧ください。